5月参観、運動会、劇遊びの
様々な行事

  1. トップページ
  2. 様々な行事

親子でドキドキ初めての参観
入園・進級後5月に初めて保護者の方の前で各学年が参観を行ないます。年少組は、初めての参観になりますが、1か月という短い期間で、背の順や真っすぐ並ぶ、線に沿って円を作るなど成長著しい姿を見せてくれます。年中組は、2人組を作ったり、ペアで交互の振り付けなどが取り入れられたダンスを行ないます。年長組では、初めて触れる大きなパラバルーンを行います。一人だけが頑張ればいい、一人だけ頑張らなくてもいいというものではなく、お互いに協力し合うことで演技が成立します。5月の参観を通して1ヵ月ですが、各学年積み上げてきた成長を感じることができます。また、各学年それぞれ円を作り演技を行ないますが、年少組は白線の上を歩く、年中組は水で描いた線の上を歩く、年長組は何も描いていない所に綺麗な円を作るとここでも成長をご覧いただけます。

頑張る力と協調性が身に着く運動会
年少・年中組はダンスにかけっこ、競技を行い、年長組は組立体操、リレーにリズムパレードまたは和太鼓の演奏と園児は短い期間でたくさんの事を身に着けていきます。協力し、協調性を身に着け、お友達同士で切磋琢磨し合うことで上達し、子どもたち自身もそれを肌で感じることができます。3学年が一堂に会しそれぞれの演技などを見る事で、保護者の皆さまにも学年の違いを知ることができ、年少・年中組の園児は年長組への憧れを抱き、年長組は憧れだった存在から憧れられる存在へと変わることで、大きく成長することができます。

一年の集大成である劇あそび(生活発表会)
1年間共に過ごしたお友達や先生と楽しんで行う劇あそびは、それぞれのクラスカラーが出る一つの作品になり、1年間の集大成となります。年少組は保育室で、年中組は多目的ホール、年長組は遊戯室とそれぞれ演技する場所は違いますが、3学年に共通しているのは『笑顔』。演技を通して、それぞれの場所が狭く見えるほどダイナミックに楽しんで表現することができ、1つの物を作り上げていく過程を知ることで、子どもたち自身も完成する喜びを体感することができます。

Copyright © 2021 OUHS NAMISHO KINDERGARTEN. All Rights Reserved.